2010年1月27日 (水)

BIG☆WAAAAAVE!!

1/24May'n部長の武道館ライブ!!
行って来ました~exclamation ×2

最初は行こうかどうか迷っていたんだけど、
行って良かった!!!

夏のZepp東京の時は、全然May'nちゃんが見えなくて結構がっかりだったりで、そういうのもあったせいなのかな。
今回は武道館で、思ったよりもいい場所で
部長もバッチリ見えてめっちゃ可愛かったです
ハート達(複数ハート)

曲も「Styles」がメインなのかと思っていたら、
しょっぱなから
・『ユニバーサルバニー』!!!

事前情報とか何もなしで行ったので
かなりびっくりで、嬉しい演出でした~ぴかぴか(新しい)

しかも、けっこうマクロス曲多い!!


May'nちゃんのオリジナル曲も好きなので、
メインストリートの「Glorious Heart 」とかも歌ってくれて嬉しかった。

『 Get Ready 』や『XYZ』は振りもあってノリノリだし。

マクロス曲も映画のアルバムをメインにもともとの曲合わせていいバランスで楽しめました。
『ライオン』
「What 'bout my star?」
『ダイアモンドクレバス』
『イゾラド』
『会えないとき』
『PINK MONSOON』
『ノーザンクロス』
『Welcome To My FanClub’s Night! -Styles ver.- 』
『オベリスク』
『射手座~』
マクロス曲はこんなかんじかな?

ラストの流れ星ときらきらのミルキーウェイな星空をバックに歌った
『 Deep Breathing 』はめちゃめちゃ感動でした。

若干二十歳で武道館!!
そんであたしみたいなおばしゃんをカンドーさせる!!

すごいな~☆

個人的には『h@e me? h@e you! 』カッコいくて好き☆
今のイメージソングです(=^^=9

夏にもまたライブあるらしい…。
行っちゃうかも るんるん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

マクロス×JOYSOUNDカラオケバトルロイヤル任務完了!

とうとうやり遂げました!!
…って
件のカラオケバトルロイヤル王冠です。
第1期は最終任務採点で222を出す!…という課題で
本当に苦しめられましたが、
今回の第2期は第5課題が結構ハードだったので
次も相当な難問が待ち受けてるんだろう…と覚悟していたら
あっさりクリアな問題でした。

ちょっと拍子抜け??

…、でも今回は最後までで勝ち抜けたので
限定のTシャツが進呈されるそうです
Tシャツ(ボーダー)
やった~!!

…これで去年から挑戦し続けたカラオケバトルロイヤルは最後だそうです。
隊長によると小隊はここから新たにフォールドして
新天地へと展開が待っているそうで
何が始まるのかドキドキわくわくデス。

…やるな、JOYSOUNDexclamation ×2
おかげでDAMとか歌う余裕がないです。


このおかげですっかりカラオケが趣味、と言えるようになってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

超時空カラオケバトルロイヤル

日記にはここのところ書いてませんでしたが、まだあれから地道に続いています。
マクロス×JOYSOUNDカラオケバトルロイヤル!!

現在、グレイス・オコナー女史から出されている第2期の第5課題の真っ最中です。
どんな課題かと申しますと…

JOYSOUNDの入っているカラオケのお店でログインして課題曲20曲を歌って全ての曲で88点以上を出す!!…というもの

課題曲一覧バッド(下向き矢印)

るんるん愛・おぼえていますか〈デカルチャーエディションsize〉
ランカ・リー=中島愛

るんるん蒼のエーテル
ランカ・リー=中島愛

るんるんアナタノオト
ランカ・リー=中島愛

るんるん射手座☆午後九時 Don't be late《アニメカラオケ》
シェリル・ノーム starring May'n

るんるんインフィニティ
シェリル・ノーム starring May'n

るんるんWelcome To My FanClub's Night!
シェリル・ノーム starring May'n

るんるん宇宙兄弟船
徳川喜一郎

るんるん娘々スペシャルサービスメドレー(特盛り)
シェリル・ノーム starring May'n、
ランカ・リー=中島愛

るんるん真空のダイアモンドクレバス
シェリル・ノーム starring May'n

るんるん星間飛行《アニメカラオケ》
ランカ・リー=中島愛

るんるん「超時空飯店 娘々」CMソング
〈Ranka Version〉《アニメカラオケ》
ランカ・リー=中島愛

るんるんニンジーン Loves you yeah!
ランカ・リー=中島愛

るんるんねこ日記
ランカ・リー=中島愛

るんるんノーザンクロス
シェリル・ノーム starring May'n

るんるんライオン《アニメカラオケ》
May'n/中島愛

るんるん私の彼はパイロット
ランカ・リー=中島愛

るんるん妖精
シェリル・ノーム starring May'n

るんるんボビーの私の彼はパイロット~
妄想の彼もパイロット
ボビー・マルゴ

るんるんトライアングラー
坂本真綾

るんるん母と子ランカのアイモ
坂本真綾(蘭雪)、ランカ・リー=中島愛


殆どは大丈夫だったんですが、
CMソングとニンジーンが酷く短い曲で点数出すのに本当に苦労しました。

なんとか一通りクリア出来た…はずsweat01

とりあえず、今日は頑張って順位6000位代まで上がりました。

…って、分からない人にはなんのこっちゃですね(^^;

このチャレンジ、マクロススピードでこの先突っ走るそうでものすごく期間が早いです…。

映画の公開までに第3期までやるつもりなのかな?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

11/8弟一部 ソク・オケアドヴァンス

日記内容

なんとか終わらそうと頑張ったけど
結局、ネームは2時まで粘ってまとまり切らないまま
バッグにネームを忍ばせて、
朝5時起きして三鷹の会場『三鷹芸術文科センター』へと向かいました。

…なんというか、本当に予定通りにいったためしがないので
イベント事に参加する日はいつもほぼ徹夜!…が当たり前になっています(^^;。


今回のソク・オケ、曲はかの有名な『ベト7』全楽章。第2Vnでの参加です。
前回のソク・オケでもベト7はやったけど、それは第一楽章だけで
全楽章…となったらそりゃもう…
仕事が終わったら練習しよう…じゃ、間に合わなかった練習量=>_<=;)
(強制的にスケジュールに組み込んで練習時間をもっと作れば良かった)と
後悔してももう後の祭り…。
スコアでの譜読みも頑張ったけど、まだまだまだ足りてない。

そんな状態で、参加しました。ああ…万全に「やってきた!!」と
晴れがましく参加出来なかったのが口惜しくて仕方なかったです。

何しろ最初から凄かったんですもの…。
それでも、やはり感じる、一人で練習ている時とは違う
オケの醍醐味とか上り詰める感じとか。

午後近くから参加の茂木先生が指揮台に上ると余計に緊張感とが増して
それが音楽にさらに前向きに向かわせて響いて行く…そんな感じでした。
ここにいると思います。
もっとヴァイオリンを弾きたいなって。
いつも仕事しつつ心のどっかにあるんだけど、
もっと触ってあげたいなと思うです。

このソク・オケ毎回毎回、ドキドキしつつ参加しているのですが、
できる限り参加出来たら…と思ってやみません。


打ち上げでは、茂木先生の著書にサインをいただいたのですが、
「どこから来たの?」と尋ねられ「柏です」と答えたら
本に私の名前を入れてくださろうとしていた茂木先生の手が
「柏」と動いてしまったようで(=^^=)
「柏よりおこしの」というキャッチフレーズ付きのサインを頂いてしまいました。
ちょっと宝物です

次の予定があったので二次会は断念、
身体が二つあったら二次会も行きたかったなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

そして…11/8

そして…ぎりぎりしてる仕事を抱えて
8日の日はソク・オケという「のだめファンでオーケストラをやろう」
という企画に参加します。
この企画、今回で参加させて頂くのは3回なんですが、
いつもあんまり練習出来ないまま、心臓バクバクでの参加になっていて
今回こそ…と思っていたんですか、やっぱりやっぱり
仕事が押してると練習が出来ないまま、
何とか、少しずつは弾いてるんですが、万全の練習量は到底確保出来ないでいて。

なんとかこれから明日の朝までお仕事頑張って
明日一日はヴァイオリン練習に当てたいなぁ,と思っています。
心臓も今からまたばくばくで、お仕事も押して来てるけど…でも、
諦めたら生涯後悔するくらい素晴らしい企画なので、どうしても
参加したいなぁって。

何だか今月は5日といい8日といい体力も精神力も使うイベントが入ってしまいました。
…いえ、
この二日間だけなんですけど、(^^;
めっちゃパワー必要な感じです。
そして、この企画オケ、今回はお客さん公開するみたいなので、
お時間ある方は聴きに来て下さると嬉しいです。
指揮は茂木先生という豪華さで、あたし以外の方はめちゃめちゃ
素敵なので(=^^=;)


あたしもせめて迷惑にならないように…
ならないといいんですけど(=>_<=;)


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 

「のだめカンタービレ」のファンで作った即席オーケストラソク・オケ
一般観覧についてお知らせです
公開時間を午前にも拡大!二階席開放が決定しました!!
詳細は次の通りです。
会場:三鷹市芸術文化センター・風のホール
(一階席に加え、二階席からもご覧いただけます)
日時:11月8日(土)
     午前の部10:30〜12:30(開場10:15)
     午後の部13:30〜16:00(開場13:00)
      (昼休憩の時間が変更になりました)
入場料:500円
曲目:ベートーヴェン作曲 交響曲第7番全楽章 (公開リハーサル形式で演奏)
指揮:茂木大輔さん(午前11:30すぎ〜午後の部全て)、
   小平圭子さん(桐朋学園大学ピアノ科在学)(午前10時30分〜午前11時30分)
午前の部、午後の部ともに途中入場可能です
(入場の際にお渡しするチラシを受付で見せていただければ、再入場可能です)
午前からご覧頂くことで、この日初めて顔を合わせたメンバーが、初めて音を出し、その音がどんどん変わっていく様子を楽しんでいただくことができるかと思います☆
観覧希望者募集に関しましては事前申し込みは必要ありません。

(芸術文化センターの館内案内図はこちら ht
tp://mitaka.jpn.org/geibun/floor.shtml)

・三鷹市芸術文化センター
0422-47-5122
<駐車場について>
会場の三鷹市芸術文化センターは、駐車場が少ないので、車での参加はご遠慮ください。 三鷹駅からバスやタクシーを利用すれば5分ほどで到着します。徒歩の場合は15分程度です。
大型楽器等を輸送するためにやむを得ず車で参加される方は、お近くのコインパーキング等をご利用ください。
<交通のご案内>
JR三鷹駅南口からのバスのご案内です。
 (4)(5)番のりばより乗車「八幡前・三鷹市芸術文化センター前下車」すぐ。
 (6)(7)番のりばより乗車「八幡前(ハチマンマエ)」下車1分。
「八幡前」で下車した場合、交差点を右折すると会場が見えてきます。
少しわかりにくいので、地図等でチェックされることをお勧めします。
会場HPにご案内がありますので、下記URLをご参照ください。
http://mitaka.jpn.org/geibun/parking.shtml

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

のだめファンによるオーケストラ♪ソク・オケ第4回

2007年11月25日

夕べ、寝る迄はずっと頭の中でベートーヴェンの7番(ベト7)が頭の中で鳴り響いていました。
そんで、今朝目が覚めたら頭の中ではビゼーのカルメンがチャカチャカ回っています。

昨日は1日お仕事を抜け出してソク・オケの本番練習に朝から三鷹迄行って参りました。
のだめファンが1日だけ集ってオケをやる……
しかも午後からはプロの音楽家の茂木先生が指揮を振って下さる…というこの企画に前回も参加させて頂いて、憧れ続けていたオーケストラの醍醐味を「これでもか」と言う程1日で満喫させてもらいました。
今回もその興奮と感動を味わいたくて参加申し込みをしたのですが、

事前の勉強は何とか譜読みが精一杯で…。
CDと合わせて弾いてみても
第2ヴァイオリン…どこから入っていいかわかんないよ〜!!
……………………状態で、(^^;
今回も練習不足なヴァイオリンを抱えて参加いたしました。

けれど、午前中…和田先生の指揮で、ベト7、花のワルツ、カルメン…と弾いていくうちに
オケの中で、「ここはこうするのか〜」とか「あ、こうだったんだ」
…とか周りの方の弾き方や、お隣に座ったVnの方からいっぱい学ばせてもらって(^^;)

午後はいよいよ茂木先生の棒での音楽の時間です。

午前と同じくベト7からかな?…と隣の方とべト7の楽譜を用意してVnを構えていたらカルメンから始まって大慌て…(汗)というハプニングがこっそりあったものの取り敢えず順調に始まった演奏ではオケが格段に進歩していくのが弾いている中で確実に分かるのが本当にすごい…とオケ初心者の私はめちゃめちゃ感動なのでした。

先生は一曲一曲局についての解説を面白く、でもめちゃめちゃ適格なイメージをオケの前に提示して引っ張ってくれて
「カルメンのこのチャンチャカチャカチャカ…は何だと思う?」
……………………へえ〜、そかそか、これはファンファーレと拍手で始まるんだもんね。そだそだ…。

「ベト7のこの8/6はどんな意味がある?」
……………………早いテンポの6/8は戦いで馬の蹄の音のイメージなんだ…なるほど…
…そんでゆっくりだと子守唄…そいえば、「ヴォカリーズ」も6/8だ…。
そっかぁ…。
みたいな…。

私みたいに理解が遅い人間にもまるで一枚の絵をそこに描き出してくれるみたいに指導して下さって気付いたら回るはずの無い指が動いて、
最初は小さくおそるおそるしか動かなかった弓がめちゃめちゃ弦を弾いていたそうです(お隣の方談)。

朝はドキドキものだったのが帰りはもっと弾きたい!!…に変わっていました。
この1日で音楽は勿論、色々な事を学んだ気がします〜。

花のワルツのハープの音がすごーくすごーく優雅で思わずえへ…とにやけてしまうほど美しいとか(笑)(すぐ後ろにハープが置かれたのでめちゃめちゃ真直でハーブの演奏を体感しました!!
こんな近くで生ハーブの演奏を聴けるなんてなかなかない貴重な体験でした〜!!ラッキー!!)

仕事がある…と思いつつ、つい参加してしまった打ち上げでは
ここ姑く家に籠って誰とも喋れなかった分、色んな方といっぱいお話ししてしまいました。

…ああ、やっぱりもっとヴァイオリン弾きたいなぁ…
音楽っていいなぁ…人間ってすごいなぁ…
とまた思った1日でしたです

本日の収穫アイテム……………………茂木センセイのサインと指示入を入れてもらった本日のスコア

| | コメント (0)

2007年2月22日 (木)

ソク・オケ!!本番

いよいよ当日。1日だけのオーケストラですが、

結果だけ言っちゃうと……。


ホントにオケって楽しかったです。
この1日だけオーケストラ。「ソク・オケ」は今回で3回目なそうなんですが、
午前中は今までのソク・オケの指揮をやって下さっていた音楽家の方に指揮をして頂きました。
やっぱりいっぱい落ちちゃったり入れなかったりしたんですけど、
オケ、で弾くと一人で練習していたのとは全然違う音の厚みとか
皆で「弾く」「作り上げて行く」…という間隔がものすごくありました。
これはそれこそ、フジミに書いてあったり、
矢部さんがオケについてインタビュー等で語っていたりするのを読んだりして
言葉では知っていたんですが、「感覚」「身体」で実感しました。

そして「ブラームス1番」のアナリーゼ。
はっきり言ってなんとなくは分っても意味が分からない専門的な言葉のてんこもりでした!!
そして、大澤先生の音楽への研究、理解の深さに感嘆するばっかりで。
なにしろ1時間弱のアナリーゼだったんですが、時間延長しての講釈。
ピアノを傍らに時折弾きながらのお話はとても面白くて、時間の長さは気にならなかったのですが。
「ブラームス1番」を語るには8時間あっても足りない…という先生の言葉にはホントに
「すげぇ〜〜!!!!」
でした。

なんとなく、わかったのは
「ブラームスはスゴイ!!」ということ。
…それはねなんとなく、私もそうかなって思っていたんですケド。
だってね。お教室の発表会で曲選ぶ時でもベートーヴェンやモーツァルトはすんなり(…でもないけど(^^;)選べても。ブラームス…となると、「その曲の深さは物凄いから、どうだろう」…っていうことになってどうしても手が出ない…。
ですが、こうやってこの音があるから(ブラームスは)凄い!!
…と解説されると、
なるほろ…となぜ凄いのかがおぼろげながら分ったような気になるそこの浅い麗花でありました。

そして、午後…。
指揮者の茂木先生が入って来た途端、
ピーーーーーン!!っとはりつめる室内。
そして、第一楽章を振り降ろして、一回通させた後、
(初心者OKのオケの筈なのに(^^;))音を外した人は、独りずつ弾かされたり、繰り返されたりしつつ、
みっちり第一楽章をしぼられました。
でも、すごいのはホントに音がどんどん変わって来て、
まさにフジミの第1話「寒冷前線コンダクター」の桐ノ院の登場宜しく
…というか、まさにそのシーンのようでした。(茂木先生の方が解説を分りやすく、時にはのだめな話題も入れて講釈して下さいましたが)

第一楽章だけなのかな…と思ったら時間ギリギリまでで全楽章やり終えて、
ただ通して弾くまでは出来なかったんですが、初めて顔合わせた人たちなのにこんなに出来るんだ!
…と言うのがホントに感動でしたです。

しかも途中には主催の方宛に
二宮知子先生から「こんなオケが開催されてとても嬉しい」旨のメールまで届いて吃驚でした。
…つか、茂木先生が指揮振りに来て、大澤先生がアナリーゼに来て
フジテレビが来てないのが不思議なくらい豪華なイベントですよね。(^^;)

二宮先生は聴きに行きたいけど仕事が手一杯で行けないとのこと……(><;)。
同じ漫画家は漫画家でも仕事振り切ってここでヴァイオリン弾いてるアホウもいる…と、
心の中で冷や汗と共にこっそり呟いて。

でもホントにものすごーーーく充実した日でした。
オケストラも初めてなのに
2ndのトップにして頂いたのも何もかも初体験で
今日はくらくら〜でしたです〜。


わーーホントにオケ入りたくなっちゃいました。

…とかいってたら別のオケからお誘い頂いちゃいました。
入れるかな〜。

フジミにハマってから「オケに入ろう」…と密かに目指していた(ささやかな)野望の第一歩でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ソク・オケ!!奮闘編

mixiでみつけたのだめファンでオーケストラ「ソク・オケ」企画に参加して来ました!!

考えてみれば、富士見二丁目交響楽団シリーズにハマって、
矢部達哉さんの音楽に心惹かれて

悩んで悩み抜いた末に、20代で始めたヴァイオリン!!
目標は「オーケストラに入ること」でした。

色々ネットで捜してみたりしたんですが、
今のレベルでオケ入ってついていけるだろうか…とか、
色々考えちゃって二の足を踏んでいたんですね。

…そんな私が、この1日限定企画、「ソク・オケ」に申し込む原動力は
「初心者OK。どんなに楽器ブランクがあっても大丈夫」でした。
これなら、いくらなんでも10年以上は麗花なりに本気で楽器習ってるんだから
大丈夫だろう…と。申し込んでみたのでした。
曲は大好きなブラームス第1番だし。

しかーーし!!楽譜(パート譜)が送られて来て、CD聴きながら楽譜見て始めて弾いた時は泣きたくなりました…。分けわかんねーー!!
しかもパートが決まったのは本番2週間くらい前!
その上、経歴だけ見て決められたのでしょう。
何と麗花に主催の方から2ndヴァイオリンのトップの御依頼…絶対無理…と思いました。

しかも指揮者にのだめのマンガの音楽指南をやっていらっしゃる元N響の茂木センセイがいらっしゃるとか…(><;)。
泣きながら練習しても訳分からないままの楽譜を抱えたまま、仕事とバイトに終われつつ

さらに当日は「のだめ」「海老原大作」先生の曲を作曲された大澤徹訓先生のアナリーゼも行われると言うことになったそうで(@@;)
アナリーゼの為に購入したスコアを見ての譜読み勉強とCDを聞きながらの練習でなんとか
2dヴァイオリンの触りだけは分ったかな(?)…状態で当日になりました。


しかーーし!やっぱり昔からレッスンの度に先生に指摘されて来た「リズムを数えるのが超・苦手」な麗花は2ndの入りが分からない場所が何箇所もあってそれだけはどうにもならない…(><;)
でもトップがそれじゃどうしょうもないだろう…と思っていたら、茂木先生がいらっしゃる午後からは
ドラマの「のだめオケ」で惹いていらっしゃったプロの方がトップに入って下さる…ということになり、午前中のみ座ってるだけ2ndトップということで肩の力も抜け(ダメだろう<おい)当日になりました。

>>続く


| | コメント (0) | トラックバック (0)